2018年11月14日

あなたとトゥラッタッタ♪ 『 純烈 』 NHK紅白初出場!!!

ファミマル公平の ひとり言

2018年11月14日

「朝日新聞「米中間選挙2018・モンスターは誰だ」から」

51U1XYW+09L._AC_US300_QL65_.JPG


 ◆映画監督・マイケル・ムーアさんに聞く。


◎トランプ氏は何を目指しているのでしょうか・・・


『 ホワイトハウスにずっと済み続けること。


 民主主義の仕組みを解体すること。


 自分や同じような富裕層の懐を増やすこと、


 とてもうまくやっています。才能があります 』


◎モンスターのトランプ大統領を生んだのは米国民のように思いますが・・・


『 トランプ氏は空から降ってきたわけではありません。


 トランプ氏は私たちそのものなのです。


 もしトランプ氏を排除しょうとするなら、


 私たち自身のふるまいを変えなければなりません。


 銀行や企業による支配を許し、労働者や、貧困層の生活を益々苦しくする、


 そういったことを支えるのをやめなければなりません 』


◎どうしたら解決できますか。希望はありますか・・・


『 「希望」はありません 』


◎安倍晋三首相はトランプ氏当選後、真っ先に駆け付けましたが・・・


『 安倍首相は実はトランプ氏が間抜けだとわかっていて付き合っている


 のではないかと考えもします。一方でやっぱり気付いてなくて、


 隣でニコニコしているのかもしれません。


 私が日本人だったら気分を害するでしょうね 』


PS:ムーアさんの答えが面白くて、好きな所だけを抜き出しました・・・


.

.

.


2018年11月12日

「消費税対策、議論混迷!」

KEIGENTAISAKU.JPG



だからコンビニは


『イートインコーナーをご利用する場合はお申し出ください』


の張り紙をイートインにしておけば


これでOK!これでいいのです。



簡単です!うちはこれで行きましょう・・・


.

.

.

2018年11月09日

「Gゼロ時代『日本こそ指導役に』・・・」

51JAGASUCWL._SX331_BO1,204,203,200_.JPG


◆Gゼロ時代とは・・・G7を構成する主要先進国が指導力を失い、

 G20も機能しなくなった国際社会を表す言葉だそうです。


【米国際政治学者のイアン・ブレアーさんに日本の役割を聞いた】


◎日本の政治情勢をどう見ていますか・・・


『 Gゼロの唯一の例外は日本。人口減少でも1人当たりの所得は悪くない。


 日本は移民をさほど受け入れず、反移民感情も低い、日本は軍を戦地に


 送らず問題を抱えていない。ソーシャルメデアについても、日本の利用者は


 人口の39%に過ぎない。日本人はまだ新聞や雑誌を信用していおり、


 ソーシャルメデアを信用しいない。日本はすべきことが多く、


 IMF(国際通貨基金)やWTO(世界貿易機関)のような国際機関を


 守るため、さらに活発な指導的役割を果たさなければならない 』


◎国際社会で日本はどう振る舞うできですか・・・


『 安倍晋三首相が憲法改正や日本の軍事力構築を推し進めるのは、


 良い考えではない。不必要に脅威と見られる。もし日本が賢いのなら


 大きなシンガポールのような国になるべきだ。脅威だと見られず、


 米中双方とうまくやることだ 』 (5日の朝日新聞記事から抜粋)


PS:G7・G20のお祭り騒ぎの作り笑顔も、何だかなァ~と思っていた。

   イアンさんの話だと、日本は今のままのスタンスで良いようだ。

   ただ安倍さんのやり方には、もう少し賢くやれと、クギを刺している。

   自分もそう思います・・・

   

.

.

2018年11月07日

「携帯料金、4割下げないと下げた内には入らないぞ!」

PAKUIMGL9453_TP_V.JPG


◆先ずドコモ、端末代と通信料分離。


 NTTドコモが2019年にも携帯電話料金を値下げする検討に入った。


スマートフォンなど末端の代金と月々の通信料金を分離した料金プランを


拡充するとみられる。これまで「分かりづらい」との指摘も多かった


携帯料金がシンプルになる。最大手のドコモが料金見直しに着手したことで


KDDIとソフトバンクも値下げ検討を迫られそうだ。


 菅官房長官が8月に「携帯料金は今よりも4割程度下げる余地がある」と


発言するなど、携帯料金に対する圧力が強まっている。19年秋には、


楽天も携帯電話事業に参入してくる予定で、競争激化も予想される。


PS:携帯電話会社の儲け過ぎ!が政府の官房長官が言った一言で分かった感じ。

   本来こう言うことが、国民と政府をつなぐはずなのに今までは少なかった。

   菅官房長官の株も上がったと言うもの!しかし、その後も、

   携帯大手は複雑で分かりにくい事を良いことにダンマリを通していた。   

   どうも下げ幅も4割じゃなく2割程度で済まそうとする様子も見え隠れする。

   これを4割にするには、やはり楽天の参入に期待するところも大なりだ・・・.

.

.

2018年11月05日

「いくら超高額薬が下がったとしても財政の負担は増えるだけ。」

8.JPG⇦開発した日本の価格が一番高いのが気になるが、売り出した頃の価格で現在は4分の1以下だという。


◆オプジーボ、3度目の値下げ。


 注目が集まるがん治療薬「オプジーボ」が11月から3度目の値下げをする。


当初は患者一人当たり3500万円かかる「超高額薬」として批判を浴びたが、


4分の1以下の価格に落ち着く。一方、1回の投薬で約5千万円の、


白血病治療薬の承認を間近かに控え、米国では1回約1億円の眼病薬も登場。


政府は薬の費用と効果を薬価に反映させる議論を急ぎ、


医療保険財政の危機に備える。


 オプジーボは患者負担は3割。大半は高額医療費精度で、数千万円の薬でも、


自己負担は年間100万円(所得に応じて)程度となるが残りは公費負担だ。


(産経新聞記事から)


PS:薬の費用がその効果に見合うかどうかの「費用対効果」も、

   超高額薬のために社会保障の借金に上乗せされること間違いない。  

   庶民は、また借金が増えていくだけと冷たい目で見てるだけの、

   効く人には効く、そんなオプジーボです.。

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のOFC会 コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得